体外受精(IVF)

検査を受けて抗リン脂質抗体症候群がわかり、毎日自己注射をし、妊娠できました。

2019.04.09

奥先生、看護師、スタッフの皆さま、ご無沙汰しております。

元気な男の子を出産しました。

クリニックに通い始めて約1年4ヶ月、体外受精3回目で妊娠しました。

移植2回目が失敗した時、奥先生から着床障害かもしれないと言われ、検査を受けると、抗リン脂質抗体症候群かもしれないことがわかり、毎日自己注射をする日々がスタート。

そして3回目でやっと妊娠できました。

その後も出血があったり、切迫早産で長期入院となり、出産までの道のりは大変でしたが、無事に出産できました。

心配性の私をいつも優しく受け止めてくださった看護師の皆さま、本当に助けられました。

妊娠判定日に、奥先生が笑顔で「おめでとうございます!妊娠していますよ」と言って頂けた時は、今までの苦労が全てむくわれたような感覚になり、出口のないトンネルからやっと抜け出せた気分になりました!!

辛いことも多かったですが、皆さまのおかげで我が子を抱くことができることに感謝です。

子育てに追われてバタバタと忙しい日々を送っていますが、大切に育てていきます。

第二子もよろしくお願いします!!

カテゴリータグ :
体外受精(IVF) 複数回の体外受精 つらい不妊治療 不妊 原因 出産のおたより 抗リン脂質抗体症候群 着床障害 自己注射